アクティブバリア電源(本質安全防爆対応) 

RN221N

¥ 24,195〜

 


*

注意!オーダーコード
RN221N-AJ は非防爆

RN221N-EJ はTIIS 防爆対応となります

■ループ電源供給
■コンパクトなDINレール設置型ハウジング
■国内安協TIIS本質安全防爆対応
■HART R  センサーの設定のための通信ソケット付

認証:
TIIS [Ex ia]

供給電源:
20-250V DC/AC

寸法:
22.5×96×112mm
DINレール設置にて使用

 


製品/タイプ販売価格 ¥オーダーコード
■標準納期-ご注文後およそ2週間程度で納品(4台以上のご注文の際の納期はお問合せください)
認証 
非危険場所24,195RN221N-AJ
選定する
TIIS (Ex ia) IIC25,707RN221N-EJ
選定する
 

価格は2017年9月30日まで有効です。価格に消費税は含まれておりません。


お支払について:
既にE-ダイレクト製品以外でのお取引があるお客様は従来通りのお支払い条件。それ以外のお客様の場合20万円未満の場合は商品発送後請求書を送付いたしますので、受領後1週間以内に銀行お振込みお願いします。尚、20万円以上のご注文の場合はお問合せください。

アプリケーション

■防爆エリアの2線式伝送器への本質安全防爆電源供給
■4〜20mA電流信号を安全に絶縁しての電源供給
■盤内DINレールに設置

動作原理

RN221Nは、4〜20mAの電流信号回路の安全な絶縁分離

ができる、電源機能を持つアクティブバリアです。伝送器から

RN221Nの入力回路(4〜20mA)に伝送された電流は、リニアに

出力されます。

アプリケーション例 

a) 単体で伝送器用の電源供給を持たないシステムコンポーネント

  (例、PLC, レコーダー, 表示器)

b) Commubox FXA 191

c) RN221Nアクティブバリア HARTR通信を使った伝送 器の設定)

d) 本質安全防爆の伝送器、例:セラバーS圧力伝送器 RN221Nから本質安全防爆

    電源を供給する場合

技術データ

入力
  • 入力数
1
  • 電源供給
16.7 V ± 0.2 V (I = 20 mAの場合)
  • 開放回路電圧
26 V ± 5 %
  • 短絡電流

≤ 40 mA

  • 内部抵抗
328 Ω
  • オーバーレンジ
10 %
  • 基準条件

25 °C 

  • 線形性

≤ 0.15 %

  • 負荷変動

≤ 0.1 %

  • 周囲温度の影響

0 〜 50 °C でレンジ内 ≤ 0.1 %

-20 〜 0 °C でレンジ内 ≤ 0.2 %/10 K

本質安全入力オプション(エラー時の最大値)
  • 開放回路電圧
27.3 V
  • 短絡電流
87.6 mA
  • 消費電流
597 mW
  • キャパシタンス

86 nF [EEx ia] IIC

  • インダクタンス

5.2 mH [EEx ia] IIC

出力
  • 出力数
1
  • 開放回路電圧
24 V ± 10 %
  • オーバーレンジ
10 %
  • 負荷
    (インピーダンス)
0 〜 700 Ω (通信抵抗なし)
  • 絶縁
他のすべての電流回路に対して
電源
  • 供給電源
20 〜 250 V DC/AC、50/60Hz
  • 消費電力

最大 2.5 W

  • 消費電流
Imax/In < 15(入力電流リミット)
  • 電気安全性

EN61010-1、保護クラスI、過電圧カテゴリII

運用条件
  • 周囲温度

-20 〜 +50 °C

  • 保管温度

-20 〜 +70 °C

  • 気候クラス

EN60654-1クラスB2 に準拠

  • 保護等級
IP20
  • 電磁適合性(EMC)

EN61326、クラスA(工業環境)に準拠

機械構造
  • 寸法(W x H x D)

22.5 x 96 x 112

E 50022-35によるDINレール

  • ハウジング

PC/ABS (ポリカーボネート/ABS樹脂),

UL 940

  • 端子

ケーブル/棒端子 最大2.5mm2

表示 / 操作
  • 表示部位
電流出力に直列 黄色LED:出力

回路閉時に発光

  • 通信コミュニケーション

HARTR 通信:

通信信号は双方向伝送

通信抵抗:

250 Ω(HARTR通信抵抗)内蔵

電圧降下に気をつけてください!

認証
  • 防爆認証

TIIS Ex ia IIC T6

 

 

寸法 mm

 

 

 

接続

技術仕様書のダウンロードはこちらから
TI: 技術仕様書をクリックしてください。
次に言語 バージョン「JA」をチェックすると日本語のドキュメントがダウンロードできます。